【読譜の為の魔法の線】譜読みが苦手だったけれど…

レッスンでは、導入期の生徒さんでも、色音符や音名をカタカナでふったり、下から順番に数えたりすることなく読めるように指導しています

そこでちょっぴり?大活躍の線が
"読譜の為の魔法の線"
その線を弾くとスラスラと読めるように😊

練習量や宿題をこなす量など、普段楽譜にどれだけ触れるかも重要になってくるので個人差はかなりありますが、初級クラスを終える頃には線を引かずに読めるようになります♪

読譜がしやすくなって、宿題のページだけでなく、次の曲も弾きたいと意欲的に練習するようになりました

と転入されてきた生徒さんの保護者の方から嬉しいお話をいただきました

ピアノの練習は楽譜を読むことではなく、譜読みを終えたところから練習スタートです

読譜が苦手だと、どうしても音を覚えて弾こうとします

レベルが上がるにつれて、楽曲のページ数も増えますので、益々大変に…

その時つまずくことがないように、習い始めの頃から正しい方法で譜読みをする”癖” をつけてほしいと思っています♪

姫路市内(新在家, 辻井, 田寺, 野里, 城北, 今宿, 手柄,岡田,中地,延末, 荒川,高丘,飾磨,御立 ) 加古川市,高砂市 等各方面からお越しいただいています。

個人ピアノレッスン,ピアノにつながるリトミックレッスン,ピアノコンクールレッスン,音高・音大受験レッスンを行なっております。

ピアノレッスン, ルナのピアノ指導法

2020.12.1

TOP