【グループ演奏で大切な2つのこと】素敵な演奏のために

姫路ピアノ教室ルナピアノスクールです。

先生がめっちゃ焦ってたやろ?
だからみんなで集まって練習頑張ったねん!
先日の小学生低学年児のレッスンでの一言。

お盆前の合わせ練習で、どうしてもうまく息が合わず、私が焦っているのがみんなに伝わったようです。
先生が焦ってるのむっちゃ分かったわ〜

と言われ、大笑いしてしまいました。私の心の声を見破られていました(゚o゚;;子供っておもしろいです。


グループ演奏を控えている生徒さんに伝えたい二つのことを今日は書きますね。


■出入り,お辞儀,演奏前のかけ声をシャキッと!

これはグループ演奏でステージに立つためには最も大切なことです。ダラーっとしているとなぜかズル〜とした演奏になってしまいます。せっかく練習してきたのですから、ピシッとかっこいいところを見てもらいたいと思っています。


■メトロノームに合わせて練習を!

弾けるようになったら自然にテンポが上がりますが周りと合わせることが大切です!一人ひとりが自由に弾くことで、グループの良さが出るのではなく、全員の息を合わせることでより良い演奏に仕上がります。
自由に弾くと、みんなの足を引っ張ってしまうことになります。
弾けていても、家でも必ずメトロノームに合わせた練習を♪鳴らしているだけで実際には合ってない生徒さんもいます^^;

BGMのような使い方では意味がないので、しっかりと耳で聴いて合わせてくださいね♪

ピアノレッスン

2020.8.24

TOP